メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ファンと作家のためのサイト集客術

2017/01/28  19:14
0
ファンと作家のためのサイト構築はじめの一歩」の
続きになります。



2018/1/23追記。
googleAdSenseを導入したため、googleサービスの具体的な数字の公開は
規約に触れる可能性があるため伏せます。
いまいちわかりにくい記事になってしまいましたが察していただけると助かります。




今回はポートフォリオ(以下サイト)への集客についての
記事になります。

創作や発信をしている皆様は作品という武器が
ありますのでブログのテキスト自体が作品のブロガー系の
方たちよりは容易だと思います。

ですので今回は一部のジャンルには縁の薄い記事になると
思いますがご容赦下さい。



ポータルサイトからの誘導


現在各創作のほとんどにポータルサイトが存在します。

漫画でしたら投稿サイト。

イラストでしたらpixiv。

動画でしたらyoutubeやニコニコ動画。

他にも写真、小説、声優etc
ほとんどにポータルサイトがあると思います。


簡単に言うと、こういったポータルサイトから
人を引っ張ってくるのが手っ取り早いです。

youtubeやポータルサイト自体から収益が
上がる場合は悩みどころですが、どちらかをメインに
決めることでサイトのコンテンツに差をつけたりしながら
皆様の望む形に調整して下さい。

これらは今後のマネタイズ(無料のサービスで収益化すること)
にも関わってきますので集客しておいて損は無いです。


マネタイズなんてアフィとかゼニカネの話…と思われる方も
多いと思いますが

同人誌・電子書籍・アクセサリ・PV収入・素材販売・書籍化etc

これで食って行こう!
は、ないにしても、一度は頭をよぎった事があるはずです。

その時サイトが無いとSNSで一日三度の定期宣伝なんて
しんどい道が待っています。
ほおっておいても人が来る程度に育てておくのがベストかと
思います。



私はweb漫画ジャンルなのでそれを例に説明します。

このページは漫画の巻末に載せているページです。
2life0921.png

中段に
ブログ「ヤマノス」更新記事と書いてあります。

これが当サイトへの呼び込みになっていて、暗に
過去話についての記事と続きはサイトで公開してあることを
伝えています。


現状、ポータルサイトでは自サイトへの誘導を禁止している
所も多いので単に更新した旨を書くにとどめています。

少しweb漫画界隈の話になりますが、このページ
comicoという宣伝に一番厳しい投稿サイトにも普通に
載っています
(ここがボーダー、これ以上の誘導は
審査落ちします)

もっと詳しくはっきり書いたほうがと思われる方も
いると思いますが、これ以上の強い誘導はポータルサイトを
気に入っているユーザーや、使い慣れた専用アプリから
離れたくないユーザーの反感を買います。

しかももう一歩強い誘導だとSNSIDやURLの記載
ということになります。

今の時代、わざわざ手打ちでアルファベットを
打つ方なんて一握りです。

前回お話したサーチコンソールで検索を有利にし
おいでいただく方が現実的です。

ブログスクショ編集149b
(2018/1/23差し替え googleAdSenseの規約に触れますので伏せます)

サーチコンソール、検索ワードの順位(一ヶ月分)

1~3位とそれ以外を見て下さい。
普通、アマチュアの作品タイトルやブログ名が
検索されることは少ないです。
(サーチコンソールを強く推すのはこのためです)


あ、一つだけ脇道のお話を。
このくらいの誘導をかけるなら来て損はなかったと
思ってもらえるくらいのコンテンツが必要ですので
上手く折り合いをつけて下さい。


話を戻します。

こういった事を地道に続けていくと…

ブログスクショ編集150
大手web漫画投稿サイトcomicoのPV(閲覧数)データ

ブログスクショ編集151
同月の大手web漫画投稿サイトマンガボックスインディーズの
PVデータ(6113PV、左は総PV)

ブログスクショ編集152b
(2018/1/23差し替え googleAdSenseの規約に触れますので伏せますが
約20000PVと思ってください)

同月の当サイトのページビュー(PV)


web漫画界隈がピンと来ない方に説明しますと
私の作品は、投稿サイトでは中以下か
下の上くらいのPV数です。
人によっては続けるモチベが出るか出ないか
微妙なラインかもしれません。

ですがサイトが段違いに強いのでモチベは
上がる一方です。
(レビュー記事のPVを入れるのはどうなの?って場合は
5000ほどさっぴいてください)


ここまで伸びるとSNSでの拡散力に一喜一憂することも
少なくなります。(あ、当然ですがありがたや…って思っています)


強い宣伝に効果があると思っていないのと、googleからの
流入のほうが強力だと把握しているので一話につき
一度しか宣伝しません。
(ミュートされたら終わりですし)


当然、これらはブログの実数を把握しているからこそです。
(アナリティクスを推すのはこういうときの判断材料に
なるためです)


私がこれまでやってきたことはこれの繰り返しです。

元は読み手に感謝を伝えたかった一心ではじめた
巻末コーナーでしたが、今では新規を呼び込む重要な
コーナーになりました。


投稿サイトはアマの宣伝により大きくなっていく…
すなわち宣伝とコンテンツの拡充を同時に行っている
わけです。
本来投稿側と投稿サイトは持ちつ持たれつなのですが
最近少しおかしなことになっています。

ですので投稿からの誘導で新規読者と新規訪問者を増やし
リスクを減らしたほうがいいと思います。

極端に言えば一箇所に固執した場合、投稿サイトがなくなると
同時にあなたの作品が消滅する事になります。


なお、この方法で集客した場合当然ですが検索という
一手間を超えた読者がやってきます。

ようは、あなたの作品が大好きな方を呼び込むことに
なります。

この読者、必ず、必----ずあなたの力になってくれる
絶対的な味方と思ってもらって間違いありません。
ブログスクショ編集153
comicoでの50話のコメント数「9」

ブログスクショ編集154
マンガボックスインディーズでの50話のコメント数「10」

ブログスクショ編集155
サイトの50話のコメント数「18」
(個人のマンガサイトでこれだけのコメント数は
まれです)


小説や漫画ジャンルの方ならばこのコメントがどれだけ力になるか
お分かりいただけると思います。
(コメントのお返しを記事にしていますので私のコメントは
ほぼ入ってません)


私より数字が取れて受けている方はたくさんたくさん
いらっしゃいます。
すなわちこの程度余裕で超えられると思ってもらって
かまいません。

他のジャンルの方も同ジャンルの方も自分のスタンスと
相談し各自やりくりしてみてください。


きっと、今よりも大きなモチベーションが
得られると思います。



SNSの活用


どうにもSNSを否定的に書きがちですが
そうではありません(今更?

ブログスクショ編集141b
(2018/1/23差し替え googleAdSenseの規約に触れますので伏せます)

流入数の3位がツイッターですので軽視している
わけではありません。

ただ、ここで全てをまかなうのは無茶だと
思っているだけです。

フェイスブックはどうしてもリアルの本人との結びつきが
強いため、付き合いの「いいね」や本名で推すには
向かない作品などがでてきます。

konnsei00c.jpg
当サイトでいうとこれなんかはその典型です。
男根崇拝の神様をモチーフにしたお話…
いいねもシェアも出来るわけがありません。

R-18系創作も同様です。


逆にある程度の匿名性が担保されている
ツイッターは宣伝に向いています。

これに関しては私自身そこまで重要視して
こなかったためお話できることが少ないので
一つだけにしておきます。


これはサイト構築にも言えますがユーザーの
負担…もっと砕くとクリック回数を削れるだけ
削りクリックを軽くするだけで差が出ると思います。




このツイートを例にしますと
目立つイラスト(と、とりあえずそういうことにしといて!)と
ワンクリックでコンテンツへ辿り着けるようにしてあります。

タイトルを載せとけば検索してくれるはず…

気になったらユーザー情報を見てくれるはず…

それはレアケースと思ってください。

ツイッターは特性上大量の情報が分単位で流れて行く
メディアです。

しかも創作に携わる方の利用率が抜群に高いです。
クリックの手間を少しでも軽減するように工夫しなければ
いけません。


クリックは重い!


これは本当です。
しかも年々重くなっているように感じます。
昔はコンテンツまで3クリックで構築するのがベストと
言われていましたが今では3クリックは遠いのかも
しれません。


もう少し分かりやすい例を出してみます

ブログスクショ編集156
これと

ブログスクショ編集157
これ


ツイッターではリツイートやいいねをすると名前や
アイコンが残ります。
そこへカーソルをおくと上記のようなポップアップが
表示されます。

それを利用してプロフィール欄にURLをのせると
ユーザー情報を経由せずに直で飛べます。


これがクリックを軽くするということです。



ランキングサイトの登録


ブログ系のポートフォリオに限りますが最初のうちは
こういったサービスの登録もオススメです。

当サイトで言うならばブログ村や人気ブログランキングが
そうです。

現状手軽にコミュニケーションできるSNS、そして
note(記事単位のポータルサイトと思ってください)などが
優勢であまり人気がありません。


ですが初期の来客数ゼロ更新はモチベに響きますので
少ない流入ですがいくらか安心できます。


そしてもう一つ大事なこと
それが「被リンク」です。


読んで字の通り「リンクを受けている状態」を差します。


ちょっと分かりにくいと思うので例を出します。


アンダーラインに当サイトへのリンク(被リンク)


こちらも(被リンク)
.

当サイトトップへのリンク(被リンク)

これが被リンクされている状態です。


このページには今まで貰ったイラストやテキストのまとめ。
そしてその相手のサイトへのリンクが置いてあります。
これはうちからの被リンクになります。
(当然この引用自体も被リンクです)


なお被リンク数はサーチコンソールで確認できます。
ブログスクショ編集158b
(2018/1/23差し替え googleAdSenseの規約に触れますので伏せます)

総リンク数が被リンク数になります。
(被リンクは様々な要素が絡むので参考程度に
お願いします)


この被リンク数が多いほど人気があり検索で優位に
働くといわれています。
(この辺憶測も多いですが一般論として聞いて下さい)

ランキングサイトの登録は手軽に被リンク数を増やせます。
(ランキング系の被リンクは効果薄という話もありますが一応!)


ちなみに一番効果がある被リンクは一般サイトや個人サイトで
リンクを乱発しない所からの被リンクだといわれています。
(つまり上記の引用先には感謝!ということになります)


ランキングサイトからの流入はそこまで見込めませんが
初期の低PVのうちはモチベ維持と被リンクの両面から見て
有効です。

ただポートフォリオにたくさん置くとデザイン面でマイナス
だったりしますので初期だけと割り切ったほうがいいかも
しれません。

あ、イラストや写真ジャンルでしたらオリジナルデザインで
無理やり馴染ませるのも手です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ
強制的に馴染ませるの巻。(2コマリンク画像の作り方
(当サイトももういいかな?と思うときがあるのですが
これ作るのが楽しくて…)


一見集客には弱いように見えますが、被リンクや
初期の呼び込みと思って割り切るのもアリです。



まとめ


なんとなくブログやサイトを始めた方は、方針や人を
引き付けるコンテンツに四苦八苦するものです。


ですので引きの強い分かりやすい創作物が
あるのは武器です。


もちろん各々力の入れようや考え方が違うので
同じようにとはいえません。


個人サイトはメインストリームとはいえないのは
承知の上ですが、これは廃れたのではなく
馴染んだからです。

一方ポータルサイトやSNSは違います。
流行廃りで容易に入れ替わります。


ポータル・SNSの動向に一喜一憂しない
ためにもサイト作りを試してみては
いかがでしょうか?


あ、一個だけ言い忘れたことが。

SLG好きなあなた!
あなたは今すぐ作って下さい、経営シミュみたいで
楽しいよ!!


そんな狭い層に向けてのアピールで
締めたいと思います。


次回はサイトに置くコンテンツや軸についての
記事になると思います。


ではみなさま。


またみてね!


創作を長く続ける方法シリーズ
 →ファンと作家のためのコンテンツの種類



以下、乱文奇文


さっきまでが背広ネクタイでのプレゼンだとしたら
ここからはコンビニ前でウェーイみたいなノリです。


前回の記事より、コメントはこちら。


>今回の記事、イメージ画像攻めすぎじゃないですかね…


ほんとにほんと創作者ってビックリするほど
この手のことに疎いのです(私含む


これが創作モンの正体!
完全に同意…! ほんと同意…!

ですのでイメージで把握してもらいその気になってもらう
手法でせめてみました。


>もし私なら上一直線だ
(ビンゴの事)

(握手してきなはれー)


>イメージ画像、主さまが大好物であろうボーイッシュ女子(フェリ◯サ)は
出ないんですね


前回の構成だと引用が使えないのです…(ガクッ)
ですのでAmazonのサインフォトを使いましたが
ビシッと合うのが中々なくて~

ちなみに引用は本文と内容に関連がないとアウトです。
前回のようにマッドマックスをよそのサイトから引用したい
なら、マッドマックスに関係ある内容じゃないと~
(Amazonは紹介扱い)


>あのサイトって、コミ×のベスチャレかなぁ

流石に伏せますがあれは一箇所だけではなく4箇所くらい
思い浮かべながら書きました。

ちなみに読者という意味ではなく、あくまで投稿サイトとして
はっきりと好き!って言えるのはマンガごっちゃです。


>作者さん自身とその考え、スタンスに興味を持ったので
此方で拝読します〜〜


ありがとうございます!
超愛してる!!

しばらくはスローペースで作品に関係ない記事が
続くと思いますが、足掛け2年取り組んでいたこと
なので、少しの間目をつぶっていただけたら嬉しいです。


ではまた~~

にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
関連記事

コメント

コメントの投稿