メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

113話「お沢稲荷の戦い」前半

2020/06/26  19:09
11

神様セカンドライフ 113話「お沢稲荷の戦い」


編集履歴
・2020/06/26:前半公開


  目次  次


2life11300.jpg




電子書籍配信中
hyousi1300.jpg









創作支援サービスの紹介

 





2life11300a.jpg
2life11300b.jpg
2life11300c.jpg
2life11300d.jpg
2life11300e.jpg
2life11300f.jpg
ブログ透過パーツ9999
2life11301.jpg
2life11302.jpg
2life11303.jpg
2life11304.jpg
2life11305.jpg
2life11306.jpg
2life11307.jpg
2life11308.jpg
2life11309.jpg
2life11310.jpg
2life11311.jpg
2life11312.jpg
2life11313.jpg
2life9999kouhan.jpg





お沢稲荷なりきりセット

スポンサーリンク







にほんブログ村 漫画ブログへ
ブログランキング
DB
電書一覧へ
フリー素材
欲しいものリスト









2life11300.jpg
2life11300a.jpg
2life11300b.jpg
2life11300c.jpg
2life11300d.jpg
2life11300e.jpg
2life11300f.jpg
2life11301.jpg
2life11302.jpg
2life11303.jpg
2life11304.jpg
2life11305.jpg
2life11306.jpg
2life11307.jpg
2life11308.jpg
2life11309.jpg
2life11310.jpg
2life11311.jpg
2life11312.jpg
2life11313.jpg
2life9999kouhan.jpg



にほんブログ村 漫画ブログへ
ブログランキング
DB
電書一覧へ
フリー素材
欲しいものリスト



最新刊!神様セカンドライフ完全版13配信中!!


hyousi1300.jpg



全フルカラー199ページ・94~100話収録・描きおろし大増量!!



おまけ記事


佐竹義宣読める読めないアンケートの結果と新しいアンケート
・あちこちより、田舎のリアルとテンションって怖い。



このマンガをチェックした人は田舎侍を応援しています


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

川中美幸 / 深川浪花物語 Coupling with いなか侍 [CD]
価格:1045円(税込、送料別) (2020/6/26時点)




  目次  次
関連記事

コメント

コメントアバター画像
風来坊 2020/06/26 19:49

みんな、かっこよすぎる--。

与次郎も御沢も泉光院もかっこいい。
与次郎が殿様に稲荷として祀られても、武士として腹を切りたい、叶わぬなら怨霊として朽ち果てたい。
御沢も筆頭稲荷としてきちんと筋を通し、責任を貫く。
いやー、いい話です。与次郎にとって、最後に武士道よりも神道よりも、自分を貫けるものが、真逆に振れた可愛い娘だったのかー。
でも、それもよくわかるなあ。神様が人間臭い部分を残してさらに進んでいく。日本の神様ってそんな感じがします。だから愛されるんでしょうね。

泉光院の頑張りもすごい。この段階でミサキ風にあてられても、泉光院は正気を保ち踏み出すという姿もなんだかんだ言ってただものではないですね。

感動しました。
コメントアバター画像
2020/06/26 20:11

ヨッジの鍛えられた広い背中に乳バンd…帯が走ってるの大変えっ…セクシーですね
コメントアバター画像
名も無きハタハタ 2020/06/26 20:36

何度もすみっこへと追いやられながらも、遂にお沢が
表紙を飾ったぞー! \ ウオー! / \ ドンドンドン /

泉光院の傷を気に掛けて情があるように見せつつ、
盾役を命じるお沢はやっぱスパルタやでえ…
しかし、すぐに後悔から立ち直り、役目を果たした
泉光院の根性も見事。

与次郎が意外と早く正気づいたな。とはいえそこから
譲れない武士道に踏み込んでしまったので痛し痒し。
第二部4章で示されたように、神とは元来頑固で、
自分の領域に誇りを持っていればなおさらのこと。
どうやって与次郎を翻意させるのか、想像がつかないですね。
コメントアバター画像
2020/06/26 20:54

思想の神髄、
真髄じゃなくて神髄、、、
カッコイイ!

お殿様の話を聞いた瞬間に正気に戻るってことはそれだけ忠誠心が強かったってことだよね、ここからどうやって説得するのか楽しみです!
コメントアバター画像
末広 2020/06/27 18:49

武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり、か
しかし結果として現在まで生き長らえている与次郎
どうでもいい、とも呟く与次郎からは武士道に代わる道を見つけたとも思えない
お沢は何をして、これ以上何を示して与次郎の今に繋がるんだろう…
今回もかっこいいよ、お沢も与次郎もシジミ小僧も!
(ヨジ、快楽天買ってたくせに)
コメントアバター画像
名も無きハタハタ 2020/06/28 00:09

御沢さん濁声ぽくなかったですかね。
与次郎の話はそういう伝承が残されているのですか?
コメントアバター画像
なっとうまき 2020/06/28 10:39

全員かっこよすぎて痺れます!
武士としての自分でいられなかったことに、自害・怨霊でいることを望む与次郎は、現在でも自身の望む形でいられないことで不安定で周囲から心配されているのかな?と思いました。自分の道を失ってしまったからこそ、命令されなければ行動を起こせない・起こさない状態になっていたのかも...
それが他の稲荷や神様たちに触れて、少しずつ変化していっている段階のように見えていたけれど、本心は自らの道を「どうでもいい」と思ってしまっているのかと思うと精神的な支えや想い、生き方を失ってしまうことの重さを感じました。
コメントアバター画像
山形LVE 2020/06/28 11:22

 与次郎の不知火カラー、アバンテみたいでかっこいい……(昭和)。

 「思想」について。なるほどなー。身の周りの不合理も、もしかしたら自分のとは異なる世界の「思想」なのかも知れないと思うと、ちょっと理解してみようかなという気になれますね。少なくとも、言下に否定して自分の「完全な」世界に閉じこもるようなことには、ならなくて済みそうです。もちろん「言うは易し」なのですが、日々心掛けていきたいものです。

 こういう気付きをもたらしてくれる作品は、大切にしていかねばなりますまい。

 
コメントアバター画像
こらしょ! 2020/07/01 18:58

ヨジさん、正気に戻すのにもっと手間がかかる(失礼)と思ってたのに、殿の名を聞いた途端にスッと正常になるとは…

どんだけ殿が好きなんですか!忠誠心に溢れてるんですかこのわんこ!モフらせなさい!
コメントアバター画像
2020/07/01 23:16

ちょっと待って!
今回の話とはあんまり関係ないけど、稲荷として祀られた時に稲荷の神格を受け継いだ与次郎って、アオがアラハバキの神格を乗っ取ろうとしてるっていうことに似てない?!!(語彙力)

みんな!そう思わない?!
コメントアバター画像
名も無きハタハタ 2020/07/10 19:09

んー・・・
アオ様の場合は前向きな志で神格ジャック
与次郎稲荷は怨霊の鎮魂を視野に入れた正当な神格
起点も着地点も真逆の様な気がするんですが

コメントの投稿